~全男子に伝えたい~今ならハゲはまだ治せる!?AGA治療4つの真実

ちはー、おとーとサン太っす。

今日の話題は男子の悩み、AGAについてだ!

世の中、ハゲている人多くない?

んで、こんなにも身近な悩みなのに、AGAについて正しく理解している人ってめちゃくちゃ少ないのが現状っす!

詳しいメカニズムとかは、クリニックのサイトなどを見てもらうとして、この記事では勘違いされやすいAGAの真実をまとめていくぞ。少しでもハゲに対する価値観が変わってくれたらうれしいっす!

 

 

真実① AGAはれっきとした病気である


男だったらはげるのが当たり前だと思っていないっすか?

そういう生き物だ、そういう運命なのだとあきらめていないっすか?

 

男子諸君、あきらめるのはまだ早い!

考えを改めるんだ!

 

AGAは男性型脱毛症のこと。

れっきとした進行性の病気だ。

そして、原因の分かっている病気なので治すこともできるっす!!

 

原因は悪玉男性ホルモンの増加による毛周期の乱れだ。

男性ホルモンの一種にテストステロンというのがある。これが5αリダクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変化してしまうんだが、このDHTが毛の周期を乱してしまう

本来2~5年くらいかけて髪の毛は成長するものなんだけど、DHTによって毛周期が乱れると数か月で抜けるようになっちゃうんだって。

もともと髪の毛は一本いっぽんそれぞれのペースで生えたり(成長期)、抜けたり(退行期)、お休みしたり(休止期)するわけなんだけど、すぐに毛が抜けるようになっちゃう(=成長期だけが短くなる)と、必然的に全体として生えている状態の髪の毛の割合って少なくなるよね。

これが薄毛ってこと。

 

 

真実② AGA治療は医療機関・医薬品でしかおこなえない


みんなは熱が出たら病院に行くよね。そこで、たとえばインフルエンザと診断されて抗生剤を処方されると思う。

AGAも病気っす!同じようにまっさきに病院に駆け込むべきだ!!

 

自分がAGAだと思ったら、

  • 美容室でヘッドスパをやるのでもなく
  • 頭皮マッサージをやるのでもなく
  • 頭皮用のブラシを使ってシャンプーをするでもなく
  • わかめをひたすら食べるのでもなく

まずは医療機関に行ってほしいっす!

上記の対策は、医療関係者に言わせればかなり的外れな対策なんじゃないかな。

アレルギー性のじんましんが出ている人が、「乾燥が原因かもしれないからアロマオイルマッサージにいこうかしら」っていうくらい的外れっす。

じんましんの原因がアレルギーだとしたら、AGAの原因は男性ホルモン。原因をたたかないと改善はしないっす!!

 

きちんとした診断を受けて、医学に基づいた治療を受けてもらうのが一番有効だ。

具体的には

  • 内服薬
  • 外用薬
  • メソセラピー

などが考えられる。

詳細や体験談に関しては別の記事で書いたので是非読んでみてほしい。

~サン太薄毛対策~生え際後退中!?AGA予防はフィナステリド内服薬で!

【AGA治療体験談】~薄毛にさよなら~毛髪再生メソセラピーを受けてみた

 

 

真実③ 毛は有限


あなたは、髪の毛は抜けたら同じ毛穴から再び生えてくると思っているだろうか?

この考え方は半分正解で、半分不正解だ!

実はおなじ毛穴から毛が生えてくるのは回数が決まっているんだ

髪の毛は大体1つの毛穴から20~40回毛が生えると言われている。

 

ファミコンのマリオを思い出してほしい。

マリオ×20とか残機が表記されるよね。

髪の毛も同じ。

抜けたら残機が1へって、それが繰り返されて最終的に0になると・・・

ゲームオーバー ×0

もう生えてこないんだー!!(マンマミーア!泣)

こうなってしまったらAGAの治療は無意味。植毛のご案内となります。

 

でも、まあご安心を

正常な人だと2~5年で毛が生まれ変わり、それが20~40回で生まれ変わる。大体平均しても80~100年くらいは普通に髪の毛が保てそうだよね。

正常な毛周期で一生涯過ごす事が出来れば、特に薄毛に困ることはなさそうだ。

 

一方AGAの人は、数か月で毛が抜け落ちてしまう!!

毛周期が1年になったとすると、40年しか毛がもたないってことっす><

 

今、こうしているあいだにも毛は着々と残機0に向かっている。

薄毛に悩み始めた時にはすでに遅し。残機は残りわずかになっているかもしれない。

早期予防した方が結果は変わってきそうっすよね!

 

 

真実④ AGAのなりやすさはやっぱり遺伝


AGAの症状はかなりの割合の男性に見られると言われている。

ただ、その症状の度合いや進行速度に個人差があることも事実だ。

よく言われるけど、やっぱり遺伝的要素が強く反映するらしい。

隔世遺伝で、特に母型のおじいちゃんがハゲていると危ないっていうよね。

(サン太のおじいちゃんはもう亡くなっているけど、最終的にはサバンナくらいの毛の量だった!ピンチ!)

 

逆に、普段のケアが原因でAGAになることは考えられないっぽい。

「頭皮ケアを怠ると、毛穴に汚れが詰まって毛が生えなくなるので薄毛の原因になる」なんてまことしやかな通説があったりするけど、そんなことはないんだって。

頭皮が汚れてても毛は生えてきます。

シャンプーをしないどこかの民族がたまにテレビに映ってたりするけど髪の毛がみんなつるつるってことはないでしょ。

頭皮ケアを怠ることで発生してしまうのは、ふけや匂いだ。

AGAクリニックの先生いわく、「AGA治療と頭皮ケアは完全に別物。頭皮ケアについてはよくわかんない笑」

 

 

サン太も内服薬を飲み始めることに


そんなこんなでいろいろと話したが、世の中で言われるハゲに対する考え方と、医学的に認められているAGAの常識にはやっぱりズレがあるんだよね。

とにかく僕が言いたいのは

AGAは治せる病気で、早くに治療を始めるに越したことはない!

っつーこと。

 

ハゲたくないっすよね?

治療によってハゲが防げるなら、それって価値のある投資っすよね?

 

ということで僕も予防しようとフィナステリドの内服を始めることにしたぞー

これは悪玉男性ホルモンのDHTを発生しにくくするお薬なんだけど、くわしくは別の記事でお話をしていくつもりだ!

乞うご期待!以上!

2件のコメント

コメントを残す