【緊急来院】親知らず奮闘記 シーズン1

こんにちは、おとーとサン太っす。。。

 

今日は元気が出ないっす

 

その原因は歯茎の痛み

どうやら親知らずが生えてきているんだが、そこの部分が痛い!

僕の親知らずは右上はまだ生えておらず、それ以外は全て生えかけの状態。

今まで親知らずが歯茎を突き破る時に痛い時期が何度かあったものの、今回はいつにも増していたい!

ご飯も全然食べられない、つらすぎる!

 

職場の先輩に相談したら、親知らずを放置していたらそれが副鼻腔?とやらを圧迫して全身麻酔の手術になったことがあるらしく、

「大事にならないうちに歯科に相談に行った方が良い」と

 

え、なにそれ。こわ。

 

●ということで、歯医者にいってきたっす。

今回訪れたのはこちらヴェリ歯科クリニックというところ

2ED5AD3C-1F2F-4BBA-8531-B93FD3C3D123

コンパクトだけどガラス張りで美容院みたいな綺麗な内装。

来院してみるとまず歯科衛生士さんの口腔内チェック

数秒見るや

「一回口ゆすいでくださいねー」

口をゆすいで見ると朝に食べた味噌汁のワカメのかけらが出てきやした。

恥ずかしいwww

歯磨きの甘さが露呈してしまった

気を取り直して再度口腔内をみてもらう

「歯茎が炎症起こしてしまってますね、一回レントゲン撮りますねー」

 

●ということで撮ったレントゲン写真がこちら

74E67F17-4970-4425-8303-C4F896E1A0F2

先生にバトンタッチして、一緒にレントゲン写真を見る。

先生「こういう腫れが出るのは初めてですか??」

サン太「いや、何度かあったんですが、今回は特に痛いので。。」

先生「まだ生えかけの状態なので、今抜こうとすると大変なんです。ブラシも当てづらく汚れがたまってるのもあって炎症しちゃってますね。今回洗浄と消毒をするのでもう少し生えてきてから抜きに来てください」

サン太「そうします。やっぱ最終的には抜いた方がいいんですか?」

先生「そうですね。サン太さんのあごの大きさだと親知らずが生えるスペースが足りないので、歯磨きがしにくいような生え方をしてしまうんですね。そうすると虫歯になってしまったり、隣の歯にも悪影響なので」

サン太「わかりましたー」

先生「また来月中までには洗浄に来てください。今回は抗生剤と痛み止めを処方しますね」

 

●処方してもらった薬がこちら

EFFB3F10-00FA-4FE2-8CB6-DF3950AB8F18

さっそくロキソニンは飲んだっす

早く効いてもらって、とにかく飯を食いたい!

 

職場の先輩には怖い言い方をされて憂鬱な気持ちで歯医者に訪れたけど、緊急性はないことがわかって安心。。。

それにしても院長先生を始め、物腰がやわらかく対応が良い!

サイトで高評価だったのも納得☆

6月後半に骨切りの整形手術を控えているので、それが終わって腫れが引いてから再訪するつもりっす。

 

ヴェリ歯科クリニックの皆さん、ありがとうございましたー

また、よろしくお願いします☆

 

1件のコメント

  1. おやしらずは早く抜いた方が良いぞ~
    私もおやしらずが痛くて歯医者に行ったら、「今日抜いていきますかぁー?」と聞かれ…
    突然の問い掛けに一瞬迷ったけど…
    意を決してその場その時に抜いてもらったぁ~!
    処置の後、年配の歯科衛生士さんが「見事な決断!今日やらないと痛みと迷いと恐怖で何日も過ごさなきゃいけなくなるからね~」と、褒めて下さったよー笑っ

コメントを残す